ボイストレーニングの発声方法--ボイストレーニングで高音をだす秘訣

音痴って人に言われたことがありますか?音程がうまくとれない!音がずれる!うまく歌えない!何で音痴になるのでしょうか?

音痴になるのはなぜ?

音程をとることができず、上手に歌を歌えない人のことを音痴といいます。音痴になっている人は遺伝によるものや、生活環境が影響しています。音痴の人が家系にいると、自分にも遺伝している可能性があります。そのうえ音痴の音程に慣れることで、その音程が正しいと思ってしまうのです。


小さな頃から音楽を聴いていると、自然に音感が身に付くようになっています。音楽が流れていない環境にいると、身に付くこともありません。音に対する感覚が鈍くなります。自分ではうまく歌っているつもりでも、歌えていないということになってしまいます。


性格も音痴には関係しているようです。落ち着きがなく、つねに動いていなくては気が済まないという人は音痴になりやすいといわれています。自分勝手が音楽の理解にも影響し、曲を自己流で解釈してしまうのです。歌い方も自己流になるために正確なリズムをつかみきれず、音痴になります。


ストレスがたまりやすい人も音痴が多くいます。歌でストレス解消するため、大きな声で歌うことによって音程が狂うからです。こうした大声で叫びながら歌うのが好きという人は音痴になりやすくなっています。自分勝手な人が多く、まわりに迷惑をかけていることにも気が付きません。音痴は遺伝のほかに、環境や性格がとてもかかわっているのが分かります。

Copyright 2009-2012 ボイストレーニングの発声方法--ボイストレーニングで高音をだす秘訣 All Rights Reserved.