ボイストレーニングの発声方法--ボイストレーニングで高音をだす秘訣

自分は音痴なので歌に自信がないという人がけっこういます。でも、音痴だと認識している人は音程をとる練習をすれば自然と解消していきます。問題なのは・・・

音痴で歌に自信が持てない人!でも心配いりません

緊張してしまうと、声帯が狭くなります。かすれた声になり、緊張のあまり音程が狂ってしまうことも出てきます。こちらは緊張を取り除くことができると簡単に治せるでしょう。声がしっかり出るように訓練することで改善できるものです。


難しい曲を歌っている時には音程が狂いやすくなります。普通の音感を持っている人であれば、はずれていても自分の音程にすぐ気が付くことができます。自分で気が付く音痴は全く問題がありません。練習することですぐに治すことができます。


どちらも音痴とは呼べないようなもので、心配も不要です。曲を聴いて音程がとれていれば、たとえ音を外したとしても全く問題はありません。問題は自分ではうまいと思っている音痴の人です。そして人に指摘されても音痴であることを否定します。自分のリズムが正しいと思い込んでいるので治すことは難しくなります。


耳で聴きとることができなくては、音程をとることはできません。音痴の人は聴覚異常の可能性もあります。話し方がおかしい人も音痴の可能性が高くなっています。耳鼻科の診察を受け、トレーニングを受けたほうがいいでしょう。音痴には気が付いている場合と、気が付いていない場合の2種類あります。矯正方法にも差が出てきます。区別して認識しておいたほうがいいでしょう。

Copyright 2009-2012 ボイストレーニングの発声方法--ボイストレーニングで高音をだす秘訣 All Rights Reserved.