ボイストレーニングの発声方法--ボイストレーニングで高音をだす秘訣

カラオケでうまく歌いたい!音痴をなおしたい!歌唱力をアップしたい!そんな方のためのボイストレーニングサイトです。ボイストレーニングの発声方法や高音をうまくだす秘訣、呼吸法などについて説明しています。また、ボイストレーニング教室の詳細についてもお伝えしていきます。

ボイストレーニング

ボイストレーニング方法

「ボイストレーニング」ということばは、声楽を学ぶ人たちの間では専門用語として知られていますが、ふだんはあまり馴染みがないかもしれませんね。ボイストレーニングとは、文字通り「声を出す訓練」です。ボイストレーニングの必要性は、歌を専門にやっている人はもちろんが、カラオケで上手に歌いたい人や、アナウンサーや販売員など声をだす仕事に就いている人なども大きな関心をもっています。ボイストレーニングの方法は、複式呼吸にあります。歌を歌うときだけでなく、大声をだすときはお腹から声を出す必要があるのです。 胸式呼吸の方法は胸に空気を吸い込みますが、腹式呼吸では横隔膜に空気が溜まるように意識することが大切です。この腹式呼吸の方法は、お腹の調子がよくなる、背筋・胸筋など体の筋肉が鍛えられるなどという、思わぬ副産物があります。また、腹式呼吸をすると体が熱くなりますが、これは腹式呼吸により全身の血液の流れがよくなるからだと考えられます。

ボイストレーニング・発声法

ここでは「ボイストレーニングの発声法」についてお話します。ボイストレーニングの基本は、複式呼吸にあります。また、「呼吸」「発声」「歌唱法」の3点を基本方式に掲げている教室もあるくらい、腹式呼吸は大切なものです。ボイストレーニング教室では、正しい発声法が身につくように指導しています。ボイストレーニングでの発声法は、声が鼻腔に抜けるように意識することから始めます。

その後、本格的な複式呼吸をマスターすることによって、頭部共鳴・胸部共鳴・全身に共鳴させるような発声法へと移ります。また、口の開き方、母音や子音の発声の仕方、ことばの表現方法など、歌唱に必要な技術も合わせて指導しています。ボイストレーニングを効果的に行い、正しい発声法をマスターするためには、歌うための姿勢が大切です。通常、ボイストレーニングは立って行いますが、猫背にならないように姿勢を正すことが腹式呼吸につながり、全身の血流もよくなり健康効果も得られるのです。

ボイストレーニング・高音をだすためには

趣味のカラオケなどで歌っていると、高音部にくると声がでないことがありますね。また、もうすぐ高音部になると思うと、余計に意識して体に力が入ってしまうことを経験した人もいるでしょう。ボイストレーニングでは、そんな高音をだすための効果的な方法を指導しています。高音部を楽にだす方法は、喉のまわりに力を入れないことです。もちろん、腹筋・背筋など全身の力は必要ですが、高音を意識しすぎて力まないことが大切です。 ボイストレーニングの専門的な立場からいうと、声の種類には地声と裏声があります。

裏声には、ファルセットという薄く繊細な美しい響きがあります。また、ニューミュージック系の歌手が高音部を歌うときにだす独特の響きがあります。それら2種類の裏声をうまく使えるようにすることも、歌を上手に歌うためのテクニックのひとつです。ボイストレーニングの基本は、あくまでも腹式呼吸にありますので、歌が上達するためにはふだんから意識することが大切です。

ボイストレーニング教室

「ボイストレーニング」を行っている教室は、全国各地にあります。ボイストレーニングの教室には、どんな特徴があるのでしょうか、一般的な教室を例にとってお話します。ボイストレーニングの必要がある人は、歌を専門にやっている人はもちろんです。趣味のカラオケで上手く歌いたい人、人前で声をだす仕事に就いている人などもボイストレーニング教室に通っています。

年齢層も小学生から70歳代までと、幅広い世代に人気があることが特徴です。教室への入会は随時で、個人レッスンを原則としています。ボイストレーニングの基本は、呼吸・発声・歌唱法の3点というのが、ある教室の方針です。教室で個人レッスンを取り入れているのは、ボイストレーニングの基本をしっかり指導するためです。また、レッスン現場を見学できる教室もありますので、興味のある人は問い合わせてください。 ボイストレーニングを特別なことではなく、生活の一部として上手に取り入れましょう。

ボイストレーニングの発声方法!新着情報

継続する

ボイストレーニングの効果は声が良く出せるようになること、です。そして歌が上手になりたいという歌手志望の人だけが、ボイストレーニングをしているのではありません。今歌手になっている人でも、歌手になる前はボ


音痴と呼吸法

音が外れる音痴の人などの音感を養うためには音程をとれるようにすることが大事になります。もともとリズム感が悪い人は音痴になってしまいます。そのほかに音程はとれても、息が切れることがあります。これは呼吸法


音痴の種類

緊張してしまうと、声帯が狭くなります。かすれた声になり、緊張のあまり音程が狂ってしまうことも出てきます。こちらは緊張を取り除くことができると簡単に治せるでしょう。声がしっかり出るように訓練することで


音痴について

音程をとることができず、上手に歌を歌えない人のことを音痴といいます。音痴になっている人は遺伝によるものや、生活環境が影響しています。音痴の人が家系にいると、自分にも遺伝している可能性があります。その


プロの歌手になりたいなら

プロの歌手になりたい、という人はボイストレーニングを受けたほうがいいでしょう。なかには天才といわれている人もいます。トレーニングなしで、プロになってからも同じように歌える人です。そうした天才はほんの


Copyright 2009-2012 ボイストレーニングの発声方法--ボイストレーニングで高音をだす秘訣 All Rights Reserved.